2015年3月30日月曜日

スポンサー・ドリンク 255

今日のインプット

■英語 20分
■簿記1級 20分


英語は、シャドーイング。簿記1級は、問題集縦串(標準原価計算における仕損・減損)。

2015年3月29日日曜日

スポンサー・ドリンク 254

今日のインプット

■英語 15分
■ジム 1時間30分
■簿記1級 3時間15分


英語は、シャドーイング。簿記1級は、講義と問題集縦串(標準原価計算の応用)。

2015年3月28日土曜日

3月28日

今日のインプット

■簿記1級 2時間30分
■英語 15分


簿記1級は、問題集縦串(標準原価計算の基礎)。英語は、シャドーイング。

2015年3月27日金曜日

簿記1級勉強の進捗管理

簿記1級の進捗管理について。


今まではグーグルカレンダーを使って、日ごとに目標を立てて、完了したらチェックを入れていました。これだと、一日のずれがどれだけ全体に影響があるのがわからないのと、一日の進捗のずれをいちいちずらして入力していくのが手間でした。


最近は、5月14日にテキストが一周することを目標として、1課を何日のペースで進めればよいのかを毎日手帳に記録しています。


この数値を見ると、これまで記録を続けていた日と比べて、どれだけ余裕があるのかわかり、安心感を感じることができます。






今日のインプット

■簿記1級 1時間5分


簿記1級は、問題集縦串(標準原価計算の基礎)。

2015年3月25日水曜日

3月25日

今日のインプット

■簿記1級 2時間5分


簿記1級は、問題集縦串(連産品の原価計算)。

2015年3月24日火曜日

スポンサー・ドリンク 253


今日のインプット

■英語 30分
■簿記1級 45分


英語は、表現暗記と音読。簿記1級は、問題集縦串(連産品の原価計算)と講義。

2015年3月22日日曜日

雑煮出て


雑煮出て
お天道様も
顔覗く


(2015年3月@東南アジア)






今日のインプット

■簿記1級 3時間40分


簿記1級は、問題集縦串(組別等級別総合原価計算)と講義。

2015年3月21日土曜日

狼煙上げ

狼煙上げ
花粉の瀰漫
ハルや来し


(2015年3月@東南アジア)






今日のインプット

■簿記1級 3時間50分
■英語 30分
■読書 2時間35分


簿記1級は、問題集縦串(工程別総合原価計算、組別等級別総合原価計算)。英語は、表現暗記と音読。読書は、拾い読みとまとめ作成。

2015年3月20日金曜日

3月20日

今日のインプット

■簿記1級 25分


簿記1級は、問題集縦串(工程別総合原価計算)。

2015年3月17日火曜日

3月17日

今日のインプット

■簿記1級 2時間35分
■英語 55分


簿記1級は、問題集縦串(仕損・減損が生じる場合の計算)。英語は、表現暗記。

2015年3月16日月曜日

3月16日

今日のインプット

■簿記1級 1時間40分


簿記1級は、問題集縦串(仕損・減損が生じる場合の計算)。

2015年3月15日日曜日

3月15日

今日のインプット

■簿記1級 4時間30分
■読書 20分


簿記1級は、問題集縦串(総合原価計算の基礎、仕損・減損が生じる場合の計算)と講義。

2015年3月14日土曜日

スポンサー・ドリンク 252




今日のインプット

■英語 15分
■簿記1級 1時間30分


英語は、シャドーイング。簿記1級は、問題集縦串(個別原価計算における仕損)

2015年3月13日金曜日

スポンサー・ドリンク 251

今日のインプット

■簿記1級 1時間45分


簿記1級は、問題集縦串(個別原価計算における仕損)。

2015年3月12日木曜日

スポンサー・ドリンク 250


今日のインプット

■簿記1級 1時間20分


簿記1級は、問題集縦串(個別原価計算における仕損)と講義。

2015年3月11日水曜日

3月11日

今日のインプット

■簿記1級 3時間10分
■読書 20分


簿記1級は、問題集縦串(部門別個別原価計算(Ⅱ))と講義。読書は、拾い読みとまとめ作成。

2015年3月10日火曜日

スポンサー・ドリンク 249

今日のインプット

■読書 5分
■簿記1級 5分


読書は、拾い読みとまとめ作成。簿記1級は、復習。

2015年3月9日月曜日

『中小企業経営者のための本気で使える経営計画の立て方・見直し方』

岡本吏朗(2014)『本気で使える経営計画の立て方・見直し方』すばる舎リンケージ



<きっかけ>
以前に読んだすばる舎リンケージの『『経費削減徹底マニュアル』『資金調達完全マニュアル』の質が高かったので、同社のシリーズならネット通販で購入してもはずれはないと思っていた。
・経営計画を立てる際に、経営計画の資料が無駄になっているのではないかといつも思っていた。



<読む前に期待したこと>
・経営計画を作成する前に社内でボトムアップで拾っておく情報はあるかを知る
・経営計画が承認された後に社内に落とし込むKPIは何かを知る



<実際に読んでみて>
・読む前に期待したことに対する直接的な回答は見つけることができなかった。
・あえて挙げるとすれば、中期計画を作成する前に行う「現状把握」(気になることを抽出する)(pp71)という点だが、その後に続く注記事項がよくわからなかった。



<その他>
『経費削減徹底マニュアル』『資金調達完全マニュアル』と同じ形式で、淡々とノウハウが書かれているのかと思っていたが、著者の気配が前面に出た書籍となっていた。SN比が低く、書店で手にとって見れば購入しなかった。
・「赤字のコンビニ店長はレジにに立つ」(pp76)というのは、ビジネスのことをよく表した名言だと思う。







今日のインプット

■簿記1級 3時間
■読書 30分


簿記1級は、問題集縦串(部門別個別原価計算(Ⅰ))。読書は、拾い読みとまとめ作成。

2015年3月8日日曜日

過去問・模試を解く【商業簿記・会計学・8本目】

昨日、簿記1級の商業簿記・会計学だけ8本目の挑戦をしました。今回の目標は35点です。



















結果

商業簿記      3/25

会計学        5/25
合計        8/50


<現状>

□目標点に対して27点不足している。


□商業簿記および会計学の両科目について、足切り(10点未満)となる結果となった。
□時間は本番と同様に合計1.5時間使用して、いろいろ書くことはでき、また、すべての問題は見たことのある論点だったが、得点に結びつけることはできなかった。

□下記の表が、商業簿記・会計額の得点推移です。目標に対して20点近く足りてない状態が続いていることがわかります。

























<対策>
□今回間違えた下記の論点をスマートフォンのメモに書き出して、隙間時間に復習
□今回間違えた下記の論点の問題集横串

今回間違えた下記の論点の過去問横串

・取替法(減価償却費)
・外貨換算会計
・税効果会計
・社債
・利益剰余金の配当
・手形の割引
・固定資産
・有価証券
・自己株式の償却
・退職給付引当金

※完了したら中線で消します


<その他>
・2月は前半は日本へ2回帰国する用事があったり、後半は軽くはない病気をしてしまい、勉強が思うように進みませんでした。このブログの目的の一つは、何度か書いているとおり、弱い自分を見続けることですので、得点の伸びない自分から逃げずに、今の自分の実力を観察し、課題を知り、対策を練り、成長を楽しみたいと思います。いつかこの記事を、「こんな苦しい時期もあったのだ」と思える日がくることを願いつつ、過去記事を読んでみました。


簿記2級受験でも、こんな苦しい時期がありましたが、一度の不合格を経て、合格することができました。

少しくじける【簿記2級】
過去問を解く【簿記2級・15回目】
日商簿記2級 不合格


英検1級受験でも、いろいろ試行錯誤していた時期がありましたが、二度の不合格を経て、なんとか合格できました。

現状と目標のギャップを把握する
論証図を作ってみる
なぜ勉強するのか
7点足りない
9点足りない……







今日のインプット

■簿記1級 25分
■ジム 1時間30分


簿記1級は、振り返り。

2015年3月7日土曜日

『アセットファイナンス実用ガイド』

志村和次郎(2006)『アセットファイナンス実用ガイド』日刊工業新聞社


<きっかけ>
・銀行との交渉機会が増えてきて、借入の仕組みについて、こちらから逆にお願いできることはないかと思っていた。
・中期ファイナンス計画をつくる際に、ファイナンスの多様化について、どのような計画を練ったらよいのかインプットの必要性を感じていた。



<読む前に期待したこと>
・銀行側に提案できそうな借入の仕組みを記録して、後で見返すことができるようにする。
・その他、銀行との折衝で使えそうなことを記録する。



<実際に読んでみて>
・資金調達の手法として、デットファイナンス、エクイティファイナンス、アセットファイナンスの3つがあるとの記載が見つかった(pp28-35)。

①デットファイナンス
・少人数私募債
・売掛債権担保融資制度の担保融資
・知的所有権担保融資


②エクイティファイナンス
・私募増資、第三者割当増資
・転換社債、新株予約権付社債、エンジェル公募
・従業員持株制度


③アセットファイナンス
・ファクタリング
・資産証券化


・今のスクエア・ニックスはファイナルファンタジーの映画化によるキャッシュフローを担保にして証券化を行って資金調達を行ったとのことで(pp44)、興味をもってインターネットで調べてみましたが、どうやら断念したようです。

・ファクタリングを行った際のB/Sの動きを見ることができました(pp185-186)。また、ファクタリングにより、自己資本比率が上昇することがわかりました。ただ、「効率性が高まるとともに、収益性にも好影響を及ぼすのは間違いない」(pp186)とありましたが、その収益を生み出す営業資産は売却してしまったはずなので、効率性と収益性は変わらないのではないかと思いました。



<その他>
・pp18のグラフにある「損延資産」は、「繰延資産」の間違いではないだろうか。音だけのタイプミスによる間違えなら、「栗延資産」とか、「九里延資産」とかになるだろうけど、「損延資産」にしてしまうあたり、全く会計のことがわかっていない人が入力をしているのだろう。






今日のインプット

■読書 2時間10分
■簿記1級 2時間40分


読書は、拾い読みとまとめ作成。簿記1級は、過去問と振り返り。

2015年3月6日金曜日

『図解でざっくり会計シリーズ1 税効果会計のしくみ』

新日本有限責任監査法人(2013)『図解でざっくり会計シリーズ1 税効果会計のしくみ』中央経済社



<きっかけ>
・税効果会計で困っていることは、『世界一カンタンでわかりやすい税効果会計の教科書』で一度は解決したが、周辺情報を拡充しておきたいと思っていた。



<読む間に期待したこと>
・実務で使えそうな点があれば記録して、後で見返すことができるようにする。



<実際に読んでみて>
・繰延税金資産には、回収可能性を検討する必要があるとあります(61-82)。今までは、監査法人と交渉した上で、固定資産とソフトウェアの減価償却費の計上に伴う会計上と税法上の差異だけを計上しておりました。しかし、このページを見ると、賞与引当金、未払事業税、退職給付引当金、役員退職慰労引当金などの債務確定主義に基づく項目と、有価証券評価損、減損損失といった項目もあることに気付きました。累積損失を一層して、税引前当期純利益が黒字のときにこういった項目が必要になるのだと理解しました。


・税効果会計の一時差異の適用となる項目がありました(pp86-98)。これらの項目について、将来、税効果会計の計算をするかもしれないと想定して数値管理します。

○棚卸資産評価損
○有価証券評価損
○貸倒引当金
○賞与引当金
○退職給付引当金
○減価償却費
○未払事業税
○圧縮記帳
○その他有価証券の評価損
○繰越欠損金
○繰越外国税額控除




今日のインプット

なし









2015年3月1日日曜日

『金利を読む』

滝田洋一(2014)『金利を読む』日本経済新聞出版社


<きっかけ>
・銀行との金利交渉をする機会が増えてきたが、金利について改めて勉強してみようと思った



<読む前に期待したこと>
・金利の分類図を得る(実質金利と同類なのは、フラット金利? あとは何?) 
・その他、実務で金利について還元できそうなことを記録する



<実際に読んでみて>
『罪と罰』や『金色夜叉』のような古典から、ナニワ金融道に至るまで、金利にまつわるストーリーを紹介しつつ、フラット金利を実質の年利にに直すとどれだけ高いのかを説明しています(pp42-70)が、欲しい情報はみつかりませんでした。



<その他>
『金融政策入門』を読んだ際に学んだ短期金融市場の役割を学びましたが、より詳しい説明がありました(pp87-90)。
・「もやもやサマーズ」(pp33)「恋するフォーチュンクッキー」(pp135)など、内容の難解さをソフトな語り口で中和する努力を見た。





今日のインプット

■読書 1時間55分


読書は、拾い読みとまとめ作成。

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...