2013年2月8日金曜日

英検1級 1次試験 合格

今日は、1月27日に受験した英検1級1次試験の発表日でした。
















合格していました。





















合格点が81点のところ、得点は81点でした。ワダすに……ワダすみたいな者に…こんな素敵な事が起きていいんでしょうか…? 






<勉強方法>

勉強方法を残しておきます。

【第1問:単語】

・英検準1級に合格した段階(2006年)で英検1級の過去問を解いてみて、一番単語力が不足していると感じました。ただ、費用対効果の観点から17点くらいを目指して勉強時間を振り分けて、あとは長文とリスニングと英作文の練習に当てる時間としました。
・市販の対策問題集・過去問を解いて、間違えて選んでしまった選択肢の単語とその問題の正解の選択肢の単語を「英辞郎on the Web Pro」に登録して、隙間時間に確認していました。
・単語帳で、初見の単語を「英辞郎on the Web Pro」に登録して、隙間時間に確認していました。


【第2問:空欄補充】

・試行錯誤した結果、①選択肢を読まずに1度本文に目を通す→②選択肢の周辺を読む→③選択肢を吟味する という手順が一番自分にあっていると感じました。
・11月ごろ過去問を6回分横串で解いて、6点中5点は確実に取れていましたので、特に対策はしませんでした。


【第3問:内容一致問題】

・配点が1問2点となっているため、得点源にしたいと思っていました。
・試行錯誤した結果、①設問を読まずに1度本文に目を通す→②設問を読む→③設問の答えを探すつもりで本文を拾い読みする という手順が一番自分にあっていると感じました。
・過去問と市販の問題集を横串で時間を計って練習しました。
・市販の英検問題集や過去問の解説は、日本語訳を元に解説するという結構適当な感じでしたので、あまり役に立ったとは思いません。大学受験の参考書のほうが、きちんと文の構造で同形反復などの形に注目して解説している気がしました。
・ほぼ毎日、業務の都合で英語の新聞を読んで日本語でまとめる訓練をしていましたので、「何について書いてあるかを掬って読む」「文の骨格を元に文の構造を明確にした上で読む」という、試験会場で自分が読むとイメージしていた2つの読み方の訓練ができていたと思います。


【第4問:英作文】

・配点が113点中28点と大きいため、第3問に続いて重視していました。
・過去問を元に通信添削をしてくれる業者(IDIY アイディー)に添削をお願いしていました。6-8本くらいは書いたと思います。添削の返却が24時間以内と早いのが重宝しました。文法的な間違いや自然な表現を学ぶ面では役に立ったと思いますが、論理構成についてフィードバックをもらえたらもっとよかったと思います。
・使用した素材:英検の過去問


【第5問~:リスニング】

・パートごとに過去問を横串で解きました。パート4のインタビューは得意で、パート2が苦手でした。
・BBCニュースをテレビで見ていた時期がありますが、続きませんでした。
・科学と政治系の問題が苦手でした。もう少し時間があれば、そのテーマに絞って横串で問題集と過去問をといていたと思います。
・本番は、筆記試験後に少し時間が余ったので、選択肢の脇にどういうトピックスが話されるのかの予想をすべての問題に書くことができました。



<その他>

・10月中旬から本格的な勉強を再開して、長文問題とエッセイについては何とか7割とれる実力は確保できそうだと予想しておりましたが、問題集の出来ぐあいから、単語とリスニングの準備が間に合わないだろうと感じていました。

・ということで今回の受験での心理状態は、今まで受験した試験の中とは全く異なるものでした。今までの試験は、「楽勝で合格できるだろう」か、「合格できるかどうか自信はないが、実力はたぶんぎりぎりのラインだろう」という気持ちのどちらかでした。今回は、「ベストを出し切ったとしても合格できないだろうけど、だめな自分とちゃんと向き合って、次の受験に活かそう」と思って受験してました。


・最後に英検1級を受験してから4年近く経過してる中で、「話す」「書く」「聞く」に関しては海外で働くようになってから急激に伸びた気がします。ただ、「読む」力は、それほど変わっていない気がします。逆に言えば、「読む」のは、代ゼミで富田先生に習ってから、大学時代に高校生に教えながら自分なりにアレンジした読み方でずっと読めているのだと思います。


・ジコケーハツ的なブログを書いていて、それなりに時間をかけないと合格できない資格の、1次試験にやっと合格できた気がします。2次試験に3回も受験するチャンスがあるとはいえ、次の試験で合格するつもりで準備を行います。





(2月12日追記)

・分野別得点が本日発表されていました。












配点の高い読解で得点を稼ぐ作戦が功を奏する形となりました。作文が思った以上に悪かった分、リスニングでカバーできていました。




(2013年11月20日追記)
やっと2次試験に合格できました。詳しくは下記記事で。





本日の配当

■アウトプット 15時間40分
■投資 0分
経費 55分
■空費 1時間25分

計 18時間

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...