2012年5月31日木曜日

5月度の配当実績

5月度の配当実績


■アウトプット 369時間15分
■投資 94時間50分
■経費 17時間40分
■浪費 45時間15分 
合計  527時間







2012年度の推移

























<5月度考察>

・投資の配当構成は増加(11.0%→18.0%)。8月の試験が近づいたこともあり、なんとか細切れの時間をみつけて勉強できるようになってきた。6月上旬は移動が多いので、このペースを維持できるよう、朝型に切り替えることも検討している。
・浪費の配当構成比は微減(9.1%→8.6%)。




本日の配当

■アウトプット 12時間10分
■投資 4時間30分
■経費 20分
■浪費 0分



投資の内訳

■中小企業診断士 4時間30分


中小企業診断士は、講義(法務3A)と答練(経営法務、経営・政策)と答練洗い出し(経営法務)と白書眺め読み。

2012年5月30日水曜日

社長という名の商店


本日の配当

■アウトプット 14時間20分
■投資 1時間
■経費 20分
■浪費 1時間20分



投資の内訳

■中小企業診断士 1時間
 

 
中小企業診断士は、問題集縦串(財務・会計49-58)。

2012年5月28日月曜日

答練を解く【経営法務、9回目】


5月28日に、経営法務の9回目の答練に挑戦しました。
目標は、本番と同じで60点。
















結果
44/100



<分析>
□A問題の正答率は2題中2題正解で100%。
□B問題の正答率は過去2番目に低い39.1%となった。解き終えた感触では60点は超えていると思ったが、B問題の正答率の低さが、目標点到達への足かせとなった。
□2択まで絞り込んで間違えた問題が6題(24点分)あった。

































□経営法務は、相変わらずB問題の割合が高い。一度学んだことのある論点が、角度を変えて出題されたとしても安定して回答できるようにしたい。





































なお、問題の分類方法は下記のとおり。
















<対策>
6月15日の次の答練までに下記の対策を行う。
□今回不正解だった論点の過去問と問題集を横串で解く
※今回不正解だった論点
・機関設計
・新株予約権の発行
・吸収合併
・組織再編
・会社清算
・債務不履行
・特許権と実用新案権のケース問題
・著作権侵害
・産業財産権と不正競争防止法
・通常実施権と専用実施権
・株主総会と取締役会
・金融商品取引法
・新興証券取引場
・公告方法

□今までは、時間を区切って勉強を行っているため、すべての論点について過去問10年分の横串を実施できずに次の答練に進んでいた。今回からは、答練1回につき従来の3コマから4コマ(洗い出し、失点論点の問題集横串、過去問横串1、過去問横串2)を確保することで丁寧に復習する。




本日の配当

■アウトプット 11時間55分
■投資 3時間25分
■経費 25分
■浪費 1時間15分



投資の内訳

■中小企業診断士 3時間25分


中小企業診断士は、総復習(経営法務)と答練(経営法務)と答練洗出(経営法務)と問題集縦串(中小企業経営・政策91-150、財務・会計13-24)。

2012年5月27日日曜日

恫喝という名の結界



本日の配当

■アウトプット 11時間
■投資 3時間20分
■経費 25分
■浪費 2時間15分



投資の内訳

■中小企業診断士 2時間5分
■ジム 1時間15分


中小企業診断士は、総復習(経営・政策)と問題集縦串(経営・政策1-90)と講義(経済学・経済政策)。

2012年5月26日土曜日

弁寒という名の特許



本日の配当

■アウトプット 8時間5分
■投資 5時間40分
■経費 45分
■浪費 2時間30分



投資の内訳

■中小企業診断士 5時間40分


中小企業診断士は、答練洗出(経済学・経済政策)と問題集横串(経済学・経済政策:GDP、労働市場、IS-LM分析、マンデル=フレミング・モデル、購買力平価説、無差別曲線、価格効果、効用期待仮設、独占市場、寡占市場、外部経済)と過去問横串(GDP、労働市場、マンデル=フレミング・モデル、購買力平価説、無差別曲線、価格効果、効用期待仮設、独占市場、寡占市場、外部経済、経営法務:取締役、不正競争防止法、意匠法、金融商品取引法、国際取引)と講義(財務・会計、中小企業経営・政策)と総復習(財務・会計)。

2012年5月25日金曜日

答練を解く【経済学・経済政策、5回目】

5月25日に、経済学・経済政策の5回目の答練に挑戦しました。
目標は、本番と同じで60点。















結果
48/100






<分析>
□C問題の構成比が過去2番目に高い水準(14.8%)に
□A問題、B問題の構成はトレンドとあまり乖離ない




























□A問題は3題中1題はずし66.7%の正答率だった。
□B問題の正答率は過去2番目に低い40.0%だった。なんとなくテキストで見たことがある論点で、1個くらいは選択肢は消去できたが、それ以上検証できるだけ知識がはっきりしていない論点が多かった。
□C問題は4題中3題正解し、今回の答練の中では正答率が一番高くなってしまった。運が良かった。






























<対策>
6月5日の次の答練までに下記の対策を行う。

□今回不正解だった論点の過去問と問題集を横串で解く
※     今回不正解だった論点
・GDP
・労働市場
・リカード=バローの中立命題
・IS-LM分析
・マンデル=フレミング・モデル
・購買力平価説
・無差別曲線
・価格効果
・効用期待仮設
・独占市場
・寡占市場
・外部経済





本日の配当

■アウトプット 11時間25分
■投資 3時間40分
■経費 35分
■浪費 1時間20分



投資の内訳

■中小企業診断士 3時間40分



中小企業診断士は、答練(経済学・経済政策)と答練洗出(経済学・経済政策)と問題集横串(経営・政策:中小企業基本法、信用保証協会、中小企業新事業活動促進法、小規模企業共済制度、法人税率の優遇制度、中小企業組合制度、新創業融資制度)と過去問横串(経営・政策:中小企業基本法、信用保証協会、中小企業新事業活動促進法、小規模企業共済制度、法人税率の優遇制度、中小企業組合制度、新創業融資制度)と総復習(経営・政策)。

2012年5月24日木曜日

新卒という名の銘柄

本日の配当

■アウトプット 11時間20分
■投資 4時間
■経費 20分
■浪費 1時間20分



投資の内訳

■中小企業診断士 4時間


中小企業診断士は、答練洗出し(経営法務)と問題集横串(経営法務:株主総会、会社法上の機関、債務不履行、職務発明、通常実施権と専用実施権、実用新案権、不正競争防止法、意匠法、金融商品取引法、国際取引、経済学・経済政策:貨幣市場の分析と財政・金融政策)と過去問横串(経済学・経済政策:貨幣市場の分析と財政・金融政策)と総復習(経済学・経済政策、財務・会計、経営法務)。

2012年5月23日水曜日

答練を解く【経営法務、8回目】

5月23日に、経営法務の8回目の答練に挑戦しました。
目標は、本番と同じで60点。














結果
48/100

<分析>
□科目合格点、目標点に対してそれぞれ12点不足している。
□A問題は1題しかなかった。その1題は不正解だった。
□B問題の正答率は52.2%と微増(前回までの単純平均は47.9%)




























□B問題の割合は、過去2番目に高い92%に。




























なお、問題の分類方法は下記のとおり。













<対策>
6月2日までの次の答練までに、下記の対策を行う。

□今回間違えた論点の問題集、過去問横串
※今回間違えた論点
・株主総会の決議方法
・機関設計
・債務不履行
・債務整理
・職務発明と職務著作
・特許権のケース問題
・商標法
・コンピュータプログラムと産業財産権
・不正競争防止法
・意匠法
・金融商品取引法
・インターコムズ2000
・民法組合


















本日の配当

■アウトプット 12時間35分
■投資 2時間45分
■経費 35分
■浪費 1時間5分



投資の内訳

■中小企業診断士 2時間45分


中小企業診断士は、答練洗出(経営・政策)と答練(経営法務)と問題集横串(経済学・経済政策・経済政策:財市場の分析)と過去問横串(経済政策:財市場の分析)。

2012年5月22日火曜日

答練を解く【経営・政策、7回目】


5月22日に、経営法務の7回目の答練に挑戦しました。
目標は、本番と同じで60点。











結果
64/100


<分析>
□科目合格点、目標点に対してそれぞれ4点改善している。
□A問題は8題中2題間違え、正答率100%連続記録が途絶えた。
□B問題の正答率は過去最高の61.5%だった。





























□C問題の割合は、本番想定(25%)より低い15%だった。



























なお、問題の分類方法は下記のとおり。
















<対策>

現状、なぜか税関で10日以上日本からの荷物が滞留しており、答練の補給経路が断たれています(笑)。期日は未定ですが次回の答練までに、下記の対策を行います。


□ 今回間違えた経営論点の白書復習
※今回間違えた論点
・中小企業の資本装備率
・中小企業の数の減少率
・有雇用事業所の開廃業率
・労働生産性の高い業種
・都道府県別の中小製造業の輸出企業
・2006-2009年の開廃業率


□今回間違えた政策論点の問題集・過去問横串
※今回間違えた論点
・中小企業基本法
・信用保証協会
・中小企業新事業活動促進法
・小規模企業共済制度
・法人税率の優遇制度
・中小企業組合制度
・新創業融資制度









本日の配当

■アウトプット 12時間35分
■投資 2時間55分
■経費 40分
■浪費 50分



投資の内訳

■中小企業診断士 2時間55分


中小企業診断士は、総復習(経営・政策)と答練(経営・政策)と答練洗い出し(経営・政策)と過去問横串(経営法務:著作権)と講義(経営法務)と問題集横串(経営法務:法定清算、産業財産権、国際契約)。



2012年5月21日月曜日

意味という名の病理



本日の配当

■アウトプット 13時間40分
■投資 1時間25分
■経費 35分
■浪費 1時間20分



投資の内訳

■中小企業診断士 1時間25分


中小企業診断士は、答練洗出(経営法務)。


2012年5月20日日曜日

答練を解く【経営法務、7回目】


5月19日に、経営法務の7回目の答練に挑戦しました。
目標は、本番と同じで60点。















結果
60/100


<分析>
□科目合格点、目標点に対してそれぞれイーブンである。
□A問題は初めて100%の正答率となった。
□B問題の正答率も過去最高の61.1%に。




















□B問題の割合が過去2番目に低い72.0%に。問題集と過去問を横串で解いたことで、自信のあるA問題が増えた結果、以前の実力であればB問題に分類されたであろう問題が減った結果だと思う。







 

























<対策>
5月29日までの次の答練までに、下記の対策を行う。
□ 今回間違えた論点の問題集・過去問を横串で解く
※ 今回間違えた論点
・民事再生、会社更生
・銀行取引停止処分
・産業財産権のケース問題
・著作権
・国際売買契約






なお、問題の分類方法は下記のとおり。



















本日の配当

■アウトプット 10時間15分
■投資 2時間45分
■経費 1時間
■浪費 3時間



投資の内訳

■ジム 1時間10分
■中小企業診断士 1時間35分


中小企業診断士は、問題集縦串(経営・政策31-150)。

2012年5月19日土曜日

転売という名の文法

本日の配当

■アウトプット 10時間20分
■投資 3時間10分
■経費 30分
■浪費 3時間



投資の内訳

■中小企業診断士 3時間10分


中小企業診断士は、問題集縦串(経営・政策1-30)と答練(経営法務)と過去問横串(経営法務:産業財産権)と総復習(経営・政策)。

2012年5月18日金曜日

広場という名の修羅


本日の配当

■アウトプット 13時間5分
■投資 2時間15分
■経費 20分
■浪費 1時間20分



投資の内訳

■中小企業診断士 2時間15分


中小企業診断士は、過去問横串(経営法務:法定清算、組織再編)と問題集縦串(財務・会計1-12)と総復習(財務・会計)。

2012年5月17日木曜日

慰安という名の石鹸





本日の配当

■アウトプット 10時間
■投資 3時間40分
■経費 50分
■浪費 2時間30分



投資の内訳

■中小企業診断士 3時間40分


中小企業診断士は、問題集横串(経営法務:会社清算、組織再編、職務発明、特許権、実用新案技術評価書、産業財産権のケース問題、特定商取引法、英文契約、財務・会計:投資の経済性計算、CF計算書)と答練洗い出し(経営・政策)と総復習(財務・会計)。

2012年5月16日水曜日

答練を解く【経営・政策、6回目】


5月15日に、中小企業経営・中小企業政策の4回目の答練に挑戦しました。
目標は、本番と同じで60点。















結果
60/100




<分析>
□科目合格点、目標点に対してイーブンである。
□A問題の正答率は4回連続で100%となった。
□B問題の正答率は増加(前回までの平均45.5%→今回55.6%)。白書眺め読みの効果がでてきたのだと思う。

































□C問題の割合が過去最高(33.3%)であり、かつ、A問題の割合が過去最低(6.7%)であったが、なんとか目標点を取ることができた。問題の構成比実績と過去の正答率から見通しを集計したら、48点くらいの予想点だった。白書を読むことで中小企業の現状の相場観がつかめたとも言えるが、運がよかったとも言える。C問題で正解した問題に関しても該当箇所を復習する。































なお、問題の分類方法は下記のとおり。












<対策>

5月25日の次回の答練までに下記の対策を行う

□今回不正解だった白書論点の過去問・問題集横串
□今回正解だったC問題の白書論点の確認





本日の配当

■アウトプット 12時間40分
■投資 2時間25分
■経費 35分
■浪費 1時間20分



投資の内訳

■中小企業診断士 2時間25分


中小企業診断士は、問題集縦串(経済学・経済政策:51-127)と答練洗い出し(経営・政策)。


2012年5月14日月曜日

答練を解く【経営法務、6回目】

5月14日に、経営法務の6回目の答練に挑戦しました。
目標は、本番と同じで60点。











結果
40/100



<分析>
□科目合格点に20点、目標点に対して20点それぞれ不足している。
□A問題は2題中1題はずしてしまい、過去最低タイである50%の正答率。
□B問題の正答率は、過去2番目に悪い39.1%に。なんとなくテキストで見たことがあって、2択まで絞れたけれど間違えるというパターンが多かった。








□C問題は0題だった。







なお、問題の分類方法は下記のとおり。














 
<対策>
5月24日までの次の答練までに、下記の対策を行う。

□ 今回間違えた論点の問題集・過去問を横串で解く
※ 今回間違えた論点
・財団債権
・清算手続
・組織再編
・職務発明
・特許権の例外規定
・先使用権
・実用新案技術評価書
・産業財産権の比較
・意匠法の適用対象
・商標権のケース問題
・著作者人格権
・産業財産権のケース問題
・特定商取引法
・ウィーン売買条約







本日の配当

■アウトプット 12時間50分
■投資 2時間50分
■経費 40分
■浪費 40分



投資の内訳

■中小企業診断士 2時間50分


中小企業診断士は、答練(経営法務)と答練洗出(経営法務)と問題集縦串(経営・政策1-60)と過去問横串(財務・会計:経過勘定、オプション取引、減損会計)。

2012年5月13日日曜日

巛巛という名の空耳



本日の配当

■アウトプット 10時間5分
■投資 3時間45分
■経費 40分
■浪費 2時間30分



投資の内訳

■中小企業診断士 2時間25分
■ジム 1時間20分


中小企業診断士は、総復習(経営法務、経営・政策)と問題集縦串(経営法務:1-10、81-130)と過去問横串(経営法務:産業財産権の権利侵害に対する手段)と講義(経営・政策)。

2012年5月12日土曜日

佐分という名の利信

本日の配当

■アウトプット 9時間45分
■投資 3時間55分
■経費 30分
■浪費 2時間50分



投資の内訳

■中小企業診断士 3時間55分


中小企業診断士は、過去問横串(財務・会計:企業価値、CF計算書、経営法務:金融商品取引法、吸収合併と吸収分割、LLP)と問題集横串(経営法務:債務不履行、保証、会社法の機関、取締役の義務、株主総会の招集、計算書類、事業譲渡、吸収合併と吸収分割、LLPと合同会社、新興市場、金融証券取引法)と総復習(経営法務)。

2012年5月11日金曜日

走屋という名の矜持



本日の配当
 
■アウトプット 14時間5分
■投資 1時間5分
■経費 25分
■浪費 1時間15分



投資の内訳

■中小企業診断士 1時間5分



中小企業診断士は、過去問横串(財務・会計:企業価値)と答練洗い出し(経営法務)。

2012年5月10日木曜日

答練を解く【経営法務、5回目】

59日に、経営法務の5回目の答練に挑戦しました。
目標は、本番と同じで60点。













結果
48/100

<分析>
科目合格点に12点、目標点に対して12点不足している。
全部B問題だった。






























B問題正答率は微増(前回までの平均46.8%→今回48.0%)だがまだまだ低い。




























法務は、このままではまずいという印象を強く持った。これまでの答練の成績を総合すると

C問題の正答率が一番高い(62.5%
A問題の正答率が科目合格を取れる60%を超えていない(57.1%

ということは、本場では、A問題(既習であり、自信を持って回答できた問題)だけで試験問題が構成されていた場合、60点以上とれないということだ。逆に、C問題(未学習であり、回答の根拠がまったく考えられない問題)だけで試験問題が構成されていた場合、60点以上を期待できるということになる。


なお、問題の分類方法は下記のとおり。






















 
<対策>
521日までの次の答練までに、下記の対策を行う
 今回間違えた論点の問題集・過去問を横串で解く

      今回間違えた論点
      債務不履行
      物上担保
      会社法の機関
      競業避止義務
      計算書類
      減資
      事業譲渡
      吸収合併と吸収分割
      LLP
      株主総会の招集
      新興市場
      有価証券
      確認書

      基礎的な論点を確認するため、問題集を縦串で1週解く




本日の配当
■アウトプット 13時間5分
■投資 2時間5分
■経費 30分
■浪費 1時間20分


投資の内訳

■中小企業診断士 2時間5分



中小企業診断士は、問題集横串(財務・会計:企業価値、CF計算書、オプション取引)と答練洗い出し(経営法務)と総復習(経営法務)。









2012年5月9日水曜日

答練を解く【財務・会計、7回目】

5月8日に、財務・会計の7回目の答練に挑戦しました。
目標は、本番と同じで70点。












結果
67/100

<分析>
□科目合格点に7点改善、目標点に対して3点不足している。

□A問題の正答率が初めて100%となった。経営・政策と同様、自分の守備範囲だと判断できれば間違いなく解答できる実力がついたのだと思う。
□B問題の正答率は減少(前回までの平均57.0%→今回40.0%)。





























□A問題の割合が上昇(前回までの平均35.9%→今回40.7%)。簡単な問題だったというよりは、理論問題を中心に復習を行った結果が出たのだと思う。
□C問題の割合が微減(前回までの平均8.0%→今回3.7%)。その1題だけだったC問題も、運よく正解できた。



























なお、問題の分類方法は下記のとおり。








<対策>

5月28日の次回の答練までに下記の対策を行う

□今回不正解だった政策論点の過去問・問題集横串

※不正解だった論点
・経過勘定
・自己株式
・減損会計
・CF計算書
・無差別曲線
・企業価値
・オプション取引





本日の配当

■アウトプット 11時間40分
■投資 3時間5分
■経費 1時間
■浪費 1時間15分




投資の内訳

■中小企業診断士 3時間5分


中小企業診断士は、答練(経営法務)と答練洗い出し(財務・会計、経営・政策、経営法務)と総復習(経営・政策)。




2012年5月8日火曜日

答練を解く【経営・政策、5回目】

5月7日に、中小企業経営・中小企業政策の4回目の答練に挑戦しました。
目標は、本番と同じで60点。








結果

54/100



<分析>
□科目合格点に6点、目標点に対して6点不足している。

□A問題の正答率は3回連続で100%となった。自分の守備範囲だと判断できれば、間違いなく正解できる状態が続いていることだと思う。
□B問題の正答率は微減(前回までの平均45.6%→今回45.0%)










□割合に大きな変化はなかった。














なお、問題の分類方法は下記のとおり。





<対策>

5月27日の次回の答練までに下記の対策を行う

□今回不正解だった政策論点の過去問・問題集横串

※不正解だった論点

・中小企業の定義
・信用保証制度
・流動資産担保保証制度
・中小企業再生支援協議会
・第二会社による事業再生方式
・事業再生保証制度
・中小ものづくり高度化法
・中小企業海外展開支援大綱
・中小企業新事業活動促進法
・女性、若者/シニア起業家支援資金
・中小企業BCP策定運用指針
・中小企業退職金共済制度
・流通業務総合効率化法
・中小企業資源活用促進法
・中小企業組合制度

□今回不正解だった経営論点を白書で確認する


本日の配当

■アウトプット 11時間30分
■投資 4時間5分
■経費 40分
■浪費 45分




投資の内訳

■中小企業診断士 4時間5分


中小企業診断士は、問題集縦串(経済学・経済政策:81-127)と答練(財務・会計)と答練洗い出し(経営・政策)。



2012年5月7日月曜日

検閲という名の強権


本日の配当

■アウトプット 10時間30分
■投資 4時間
■経費 45分
■浪費 1時間45分




投資の内訳

■中小企業診断士 4時間


中小企業診断士は、問題集縦串(経済学・経済政策:41-80、経営・政策:21-60)と総復習(財務・会計)と白書眺め読みと答練(経営・政策)。

2012年5月6日日曜日

記念という名の執念



本日の配当

■アウトプット 11時間35分
■投資 4時間55分
■経費 0分
■浪費 30分




投資の内訳

■中小企業診断士 3時間40分
■ジム 1時間15分


 
中小企業診断士は、講義(経営法務4B)と問題集横串(経営・政策:地域商店街活性化法、農商工等連携促進法、新創業融資制度、第二会社方式)と講義復習(経営法務4)と問題集縦串(経済学・経済政策:1-40、経営・政策:1-20)。

2012年5月5日土曜日

ψ族という名の首長




本日の配当

■アウトプット 11時間35分
■投資 4時間
■経費 0分
■浪費 1時間25分




投資の内訳

■中小企業診断士 4時間


中小企業診断士は、答練洗い出し(経営・政策)と過去問横串(財務・会計:CF計算書、経済学・経済政策:国際収支と為替レート)と講義復習(経営法務)と講義(経営法務4A)。

2012年5月4日金曜日

答練を解く【経営・政策、4回目】

5月1日に、中小企業経営・中小企業政策の4回目の答練に挑戦しました。
目標は、本番と同じで60点。




結果

48/100



<分析>
□科目合格点に12点、目標点に対して12点不足している。
□A問題の割合はかわらず(前回までの平均16.0%→今回16.0%)。
□C問題の割合は微減(前回までの平均22.1%→今回20.0%)。白書の眺め読みの効果がでてきたと思う。経営分野は、とりあえずなんとなく見たことのあるテーマが多く出題されていた。



























□A問題は、前回に引き続き100%の正答率となった。経営・政策は、問題文が短く、引っ掛ける余地が少ないため、他の科目と比べて適切に問題の評価ができている。
□B問題の正答率は悪化した(前回までの平均46.3%→今回43.8%)。





















なお、問題の分類方法は下記のとおり。















<対策>
5月14日の次回の答練までに下記の対策を行う。

□今回不正解だった政策論点の過去問と問題集を横串で解く

※今回不正解だった政策論点

・地域商店街活性化法
・農商工等連携促進法
・新創業融資制度
・第二会社方式
・中小企業関連法制




□今回不正解だった経営論点を白書で確認する







本日の配当

■アウトプット 14時間30分
■投資 40分
■経費 35分
■浪費 1時間15分




投資の内訳

■中小企業診断士 40分


中小企業診断士は、答練洗い出し(経営・政策)と過去問横串(経営法務:民法、倒産法制)と総復習(財務・会計)。


2012年5月3日木曜日

若者という名の台風



本日の配当

■アウトプット 11時間50分
■投資 3時間5分
■経費 45分
■浪費 1時間20分




投資の内訳

■中小企業診断士 3時間5分


中小企業診断士は、答練洗い出し(経営・政策)と問題集横串(経済学・経済政策:国際収支と為替レート)と過去問横串(財務・会計:経営分析)。



2012年5月2日水曜日

答練を解く【経営・政策、3回目】

4月30日に、2012年度の試験に向けての中小企業経営・中小企業政策の3回目の答練に挑戦しました。
目標は、本番と同じで60点。







結果

65/100



<分析>
□科目合格点に5点、目標点に対して5点改善している。
□自信のあるA問題の割合が大幅に増えた(前回7.7%→今回27.5%)。
























□A問題は全問正解、C問題は全問不正解だった。適切に問題の評価ができたということだと思う。
□B問題の正答率も増加(前回までの平均40.2%→今回58.3%)したが、目標の60%まではまだ足りない。


























なお、問題の分類方法は下記のとおり。














<対策>
5月10日の次回の答練までに下記の対策を行う。

□今回不正解だった政策論点の過去問と問題集を横串で解く

※今回不正解だった政策論点
・中小企業倒産防止共済制度(経営セーフティ共済)
・高度化事業
・中小ものづくり高度化法(中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律)
・中小企業新事業活動促進法

□今回不正解だった経営論点を白書で確認する







本日の配当

■アウトプット 13時間
■投資 2時間15分
■経費 55分
■浪費 50分




投資の内訳

■中小企業診断士 2時間15分


中小企業診断士は、答練洗い出し(経営・政策、経営法務)と問題集横串(経営法務:不法行為、機関設計、株式の発行手続き、株式交換と株式移転、新興市場、倒産法制、職務発明、LLPと日本版LLCの違い、先使用権、特許法と実用新案権、意匠登録、著作権、製造物責任)と過去問横串(財務・会計:経営分析)と答練(経営・政策)。

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...