2012年4月12日木曜日

答練を解く【財務・会計、5回目】

3月12日に、2012年度試験に向けた財務・会計5回目の答練に挑戦しました。

目標は、本番と同じで70点。




結果


72/100



<分析>
□科目合格点に対して12点、目標点に対して2点改善している。
□自信を持って回答できた問題(A問題)が22問中12問あり、これまでの答練の中で最大の構成比(53.6%)となった。
□まったく初見の問題(C問題)は一題もなかった。全体的な傾向としてもC問題の割合は減少してきている。


各問題ごとの割合の推移

















※横軸は答練の回数



□A問題とC問題の中間に定義されるB問題の正答率も、上昇傾向にある(下グラフ参照)。


















□ただし、「自信を持って回答を出せたが、間違っている」という指標を示すA問題の正答率が過去2番目に悪く(80%)、過信に注意が必要。



<対策>

現状、答練のストックがなくなってしまった。次回の答練までに下記の対策を行い、B問題の正答率を上げることで得点力の底上げを図る。

□今回不正解だった論点(加重平均コスト、投資の経済性、企業価値、FCF、株式時価総額)の過去問と問題集の横串
□苦手意識のあるキャッシュフロー計算書の過去問と問題集の横串






本日の配当

■アウトプット 15時間15分
■投資 20分
■経費 45分
■浪費 40分



投資の内訳

■中小企業診断士 20分


中小企業診断士は、講義(経営政策2B)と答練洗い出し(経済学)。

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...