2012年4月20日金曜日

答練を解く【経済学・経済政策、3回目】



4月20日に、経済学・経済政策の3回目の答練に挑戦しました。
目標は、本番と同じで60点。


結果


61/100







<分析>
□科目合格点に1点、目標点に対して1点改善している。
□基本的な論点が多く、C問題の割合は0%だった。解説文にも、「基礎的な論点」との記述が多く、実力が上がったわけではない。
□間違えた箇所の復習を継続して行ってきた結果、A問題の割合を増やすことができている(3回平均13.5%に対して、第3回のA問題構成比は23.8%)。























□ただし、依然として(初見論点ではないが自信がない問題である)B問題のほうが(自信を持って回答できた)A問題よりも正答率が高い逆転現象が続いている。







































<対策>

4
23日までに実施する答練までに下記の対策を行い、A問題の正答率を上げるとともに、B問題の正答率を上げることで得点力の底上げを図る。

今回不正解だった論点の過去問と問題集を横串で解く

     今回不正解だった論点

・供給曲線
・国民経済計算
・マネーサプライと金融政策
・為替
・不胎化政策
・景気循環






本日の配当

アウトプット 12時間25分
投資 2時間25

経費 30
浪費 1時間40


 

投資の内訳

中小企業診断士 2時間25
 

中小企業診断士は、問題集横串(財務・会計:キャッシュフロー計算書)と答練(経済学・経済政策)と答練洗い出し(経済学・経済政策)。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...