2011年4月30日土曜日

4月度の配当実績

4月度の時間の配当の実績




4月度の時間配当の目標は、アウトプット+投資の有意味な時間を75%以上、空費を10%以下にすることが目標だった。


有意味時間率は76.8%(前月比0.7ポイント改善)と達成、空費率は9.6%(前月比0.8ポイント改善)と、二つの項目で達成できた。


5月度も、有意味率75%以上、空費率10%以下を目標とする。





本日の配当

■アウトプット 9時間30分
■投資 3時間55分
■経費 1時間5分
■空費 2時間30分



投資の内訳

■英語 1時間45分
■中小企業診断士 2時間10分


英語は、表現暗記。中小企業診断士は、問題集(経営法務、中小企業経営・政策)。

2011年4月29日金曜日

漫画喫茶それは宿屋

本日の配当

■アウトプット 8時間15分
■投資 3時間35分
■経費 2時間20分
■空費 2時間50分



投資の内訳

■英語 1時間50分
■中小企業診断士 1時間45分


英語は、表現暗記。中小企業診断士は、問題集(中小企業経営・政策)と答練(中小企業経営・政策)。

2011年4月28日木曜日

深夜料金それは法外

本日の配当

■アウトプット 1時間40分
■投資 9時間10分
■経費 3時間5分
■空費 3時間5分



投資の内訳

■英語 2時間20分
■中小企業診断士 6時間50分


英語は、表現暗記。中小企業診断士は、問題集(経営法務、中小企業経営・政策)と答練の洗い出し(財務・会計)。

2011年4月27日水曜日

逆転発想それは福本

本日の配当

■アウトプット 9時間10分
■投資 4時間
■経費 2時間20分
■空費 1時間30分



投資の内訳

■英語 1時間25分
■中小企業診断士 1時間50分
■ランニング 45分



英語は、表現暗記。中小企業診断士は、問題集(経営法務)と答練(財務・会計)。

2011年4月26日火曜日

答練を解く【財務・会計、4回目】

先日、中小企業診断士試験の財務・会計の答練を解きました。



目標は、本番と同じで、70点。





結果


59/100



<現状>

□目標点に対して11点不足している
□合格点に対して1点不足している
□失点した9問のうち、5問が理論の問題(投資の経済性計算、証券投資、CAPM、オプション取引)。
□失点した9問のうち、4問が計算問題(取替投資、安全余裕率、CVP分析、正味現在価値)。



<振り返り>

□今回失点した計算問題のうち、取替投資、正味現在価値(あわせて10点分)は、今まで集中して取り組んできたため、得点できるべきだった



<対策>

5/15までに答練を解き、70点以上をとるために、以下の対策を行う

□今回得点すべきだった分野の過去問を横串で解き、出題の相場をつかむ(取替投資、安全余裕率、CVP分析、正味現在価値)
□特に、取替投資、正味現在価値は、問題集も横串で解き、対応力を高めておく
□理論問題は、間違えた問題はリスト化しておく





本日の配当

■アウトプット 12時間25分
■投資 1時間30分
■経費 2時間10分
■空費 55分



投資の内訳

■英語 1時間
■中小企業診断士 30分


英語は、表現暗記。中小企業診断士は、問題集(経営法務)。

2011年4月25日月曜日

答練を解く【中小企業経営・政策、2回目】

先日、中小企業診断士試験の中小企業経営・政策の答練を解きました。


目標は、本番と同じで、60点。



結果


50/100





<現状>

□目標点に対して10点不足している
□合格点に対して10点不足している
□失点した13問のうち、4問が予備校によると重要度の高い問題(中小企業向け貸出残高、下請代金支払遅延等防止法、小規模企業共済制度、中小ものづくり高度化法)だった。
□失点した13問のうち、2問が予備校によると難易度の低い問題(中小企業向け貸出残高、下請代金支払遅延等防止法)だった。




<振り返り>

□失点した13題のうち、8題は既習分野だったため、得点できるべきであった




<対策>

5/1までに答練を解き、60点を超えるために、以下の対策を行う



□今回得点できるべきであった、重要度の高い問題と難易度の低い問題の復習
□中小企業白書の復習(過去論点の見直し)
□中小企業政策の復習(以前に作成したノートの見返し)
□以前間違えた問題の洗い出し



本日の配当

■アウトプット 12時間
■投資 1時間30分
■経費 2時間20分
■空費 1時間10分



投資の内訳

■英語 1時間30分


英語は、表現暗記。

2011年4月24日日曜日

暴力亭主それは戯画

本日の配当

■アウトプット 13時間10分
■投資 2時間15分
■経費 2時間40分
■空費 0分



投資の内訳

■英語 55分
■中小企業診断士 1時間20分


英語は、表現暗記。中小企業診断士は、問題集(経営法務)とその他。

2011年4月23日土曜日

深夜到着それは衰弱

本日の配当

■アウトプット 13時間5分
■投資 1時間30分
■経費 1時間50分
■空費 35分



投資の内訳

■英語 50分
■中小企業診断士 20分
■読書 20分


英語は、表現暗記。中小企業診断士は、問題集(経営法務)。読書は、1冊。

2011年4月22日金曜日

説明責任それは糾弾

本日の配当

■アウトプット 11時間10分
■投資 3時間
■経費 2時間25分
■空費 25分



投資の内訳

■英語 1時間20分
■中小企業診断士 55分
■読書 45分

2011年4月21日木曜日

集団下校それは記憶

本日の配当

■アウトプット 3時間20分
■投資 7時間10分
■経費 3時間30分
■空費 3時間



投資の内訳

■英語 3時間45分
■中小企業診断士 3時間
■読書 25分


英語は、表現暗記と洋書とその他。中小企業診断士は、問題集(経営法務、中小企業経営・政策)。読書は、1冊。 

2011年4月20日水曜日

意識回復それは到着

本日の配当

■アウトプット 7時間5分
■投資 5時間25分
■経費 3時間15分
■空費 1時間15分


投資の内訳

■英語 3時間5分
■中小企業診断士 2時間20分


英語は、表現暗記。中小企業診断士は、問題集(経営法務、中小企業経営・政策)。

2011年4月19日火曜日

疲労困憊それは横振

本日の配当

■アウトプット 8時間20分
■投資 3時間30分
■経費 3時間20分
■空費 1時間50分


投資の内訳

■英語 1時間40分
■中小企業診断士 1時間50分


英語は、表現暗記。中小企業診断士は、問題集(経営法務、中小企業経営・政策)。

2011年4月17日日曜日

旧写輪眼それは標本

本日の配当

■アウトプット 11時間5分
■投資 3時間
■経費 3時間30分
■空費 0分



投資の内訳

■英語 45分
■中小企業診断士 2時間15分


英語は、表現暗記。中小企業診断士は、問題集(経営法務)と答練(中小企業経営・政策)。

2011年4月16日土曜日

匍匐前進それは翻意

本日の配当

■アウトプット 10時間25分
■投資 1時間35分
■経費 2時間20分
■空費 2時間40分



投資の内訳

■英語 45分
■中小企業診断士 50分


英語は、表現暗記。中小企業診断士は、復習(中小企業経営・政策)と答練(中小企業経営・政策)。

2011年4月15日金曜日

確認再度それは慎重

本日の配当

■アウトプット 8時間30分
■投資 3時間25分
■経費 3時間
■空費 2時間5分



投資の内訳

■英語 1時間15分
■中小企業診断士 2時間10分


英語は、表現暗記。中小企業診断士は、問題集(経営法務)と白書の復習。

2011年4月14日木曜日

答練を解く【財務・会計、3回目】

中小企業診断士試験の財務・会計の答練を解きました。


目標は、本番と同じで、70点。







結果


52/100



<現状>

□目標点に対して18点不足している
□合格点に対して8点不足している
□失点した9問のうち、4問が理論の問題(経営分析、CVP分析、共分散、勘定科目)。
□失点した9問のうち、5問が計算問題(取替投資、精算表、キャッシュフロー計算書、直接材料費の再分析)。



<振り返り>

□今回失点した計算問題は、今まで集中して取り組んできたため、得点できるべきだった



<対策>

4/22までに答練を解き、70点以上をとるために、以下の対策を行う

□今回得点すべきだった分野の過去問を横串で解き、出題の相場をつかむ(取替投資、直接材料費、精算表、CF計算書)
□理論問題は、間違えた問題はリスト化しておく






本日の配当

■アウトプット 3時間10分
■投資 6時間10分
■経費 5時間
■空費 3時間



投資の内訳

■英語 2時間50分
■中小企業診断士 2時間35分
■読書 25分


英語は、表現暗記と洋書とその他。中小企業診断士は、問題集(経営法務)と答練の振り返り(財務・会計)。読書は、1冊。

2011年4月13日水曜日

専守防衛それは理想

本日の配当

■アウトプット 10時間35分
■投資 2時間55分
■経費 2時間5分
■空費 1時間25分



投資の内訳

■英語 2時間10分
■ランニング 45分


英語は、表現暗記とその他。

2011年4月12日火曜日

飲食自由それは査問

本日の配当

■アウトプット 12時間35分
■投資 40分
■経費 1時間10分
■空費 2時間35分



投資の内訳

■英語 40分


英語は、表現暗記。

2011年4月11日月曜日

Fukushima became history.

Today Japanese government has raised the emergency at the Fukushima nuclear plant to level 7.


Historically speaking, a nuclear meltdown at Chernobyl was only the case of level 7.


It is true that there is no way to undo what happened, but TEPCO and government should have had something to do.


I think we need at least two advises.


First, we need to know that if we escape from our residences, how large the amount of the radiation is ?


TEPCO and Government have repeatedly announced that the spread of radiation doesn't immediately have harmful effect to human body.


However we don't know what it is like to "cross the line".


Second, we need to know how TEPCO is able to supply electricity from spring to summer.


TEPCO announced that planned blackout (keikaku-teiden) was suspended, but I doubt supply of steady electricity lacks clear vision.





本日の配当

■アウトプット 9時間35分
■投資 2時間45分
■経費 2時間40分
■空費 2時間



投資の内訳

■英語 2時間10分
■中小企業診断士 35分


英語は、表現暗記。中小企業診断士は、答練(財務・会計)。

2011年4月10日日曜日

周見余裕それは成長

本日の配当

■アウトプット 12時間20分
■投資 1時間30分
■経費 15分
■空費 2時間55分



投資の内訳

■英語 1時間30分


英語は、表現暗記とその他。

2011年4月9日土曜日

倶胝堅指それは禅問

本日の配当

■アウトプット 14時間25分
■投資 35分
■経費 1時間35分
■空費 25分



投資の内訳

■英語 35分


英語は、表現暗記。

2011年4月8日金曜日

食卓作法それは途上

本日の配当

■アウトプット 12時間35分
■投資 1時間30分
■経費 2時間20分
■空費 35分



投資の内訳

■英語 1時間30分


英語は、表現暗記。

2011年4月7日木曜日

新聞記者それは空耳

本日の配当

■アウトプット 2時間10分
■投資 7時間20分
■経費 3時間30分
■空費 4時間



投資の内訳

■英語 5時間35分
■中小企業診断士 1時間45分


英語は、表現暗記。中小企業診断士は、過去問(財務・会計)。

2011年4月6日水曜日

答練を解く【経営法務、1回目】

中小企業診断士試験の経営法務の答練を解きました。


目標は、本番と同じで、60点。







結果


56/100




<現状>

□目標点に対して4点不足している
□合格点に対して4点不足している
□失点した12問のうち、5問が会社法の問題(意思決定機関、株式の扱い、剰余金の配当、持分会社)だった。
□失点した12問のうち、7問が知的財産権の問題だった。





<対策>

4/15までに答練を解き、60点を超えるために以下の対策を行う

□今回失点した分野の復習
□問題集で基礎固め





本日の配当

■アウトプット 10時間5分
■投資 4時間25分
■経費 1時間50分
■空費 40分




投資の内訳

■英語 3時間20分
■中小企業診断士 1時間5分


英語は、表現暗記。中小企業診断士は、答練(経営法務)。

2011年4月5日火曜日

答練を解く【中小企業経営・政策、1回目】

中小企業診断士試験の中小企業経営・政策の答練を解きました。


目標は、本番と同じで、60点。



結果


47/100

<現状>

□目標点に対して13点不足している
□合格点に対して13点不足している
□失点した23問のうち、8問が予備校によると重要度の高い問題(ベンチャー企業の資金調達の特徴、製造拠点を移す理由、国際分業のパターン、コモディティ化の要素、農商工等連携促進法、中小商業活力向上事業)だった。
□失点した23問のうち、4問が予備校によると難易度の低い問題(輸出企業の現地での販売サービス、コモディティ化の要素、大企業と中小企業の働く場の違い、中小企業新事業活動促進法)だった。



<振り返り>

□中小企業政策は、記憶があやふやでまったく自信をもって問題を解けなかった。



<対策>

4/13までに答練を解き、60点を超えるために、以下の対策を行う


□今回得点できるべきであった、重要度の高い問題と難易度の低い問題の復習
□中小企業白書の復習(過去論点の見直し)
□中小企業政策の復習(以前に作成したノートの見返し)





本日の配当

■アウトプット 12時間
■投資 1時間45分
■経費 1時間15分
■空費 2時間



投資の内訳

■英語 1時間5分
■中小企業診断士 40分


英語は、表現暗記。中所企業診断士は、答練(中小企業経営・政策)。

2011年4月4日月曜日

シニアクレディッター 合格

1月に受験したシニアクレディッター(クレジット審査業務能力検定上級コース)の結果が、先日返ってきました。



合格していました。



<現状>

□ク レジット審査業務能力検定上級コースに合格した



<原因>

あまり時間をかけずに(20時間程度)で合格できた点について


□ノートを手間をかけて作らな かった

クレディッターを受験した時は、過去問の回答作成の際には、丁寧にテキストの出典や付随情報も記載しておいた が、今回は回答だけ作成し、間違えた部分だけテキストを見返すようにした。


□苦手分野に絞って対策をとった

クレディッター受験時は、過去問を5回以上は解いたが、シニアクレディッター受験の際は、過去問・添 削課題の挑戦は2回までで、間違えた問題だけ、試験前にチェックするようにした。


□ほかの業界資格との相乗効果

クレジット債権管理士、コンプライアンスオフィサー、個人情報保護士、個人情報取扱主任者、貸金 業務取扱主任者、クレディッターを取得していたため、法改正に関する部分だけが新たに覚える知識だった。



<その他雑感>

□問題を解いたさい、1周目に6割5分は自信をもって回答できた。8割が合格点なので、得点調整があると すればほぼ合格できると思った。


□包括可能支払見込額など、割賦販売法の改正に伴う計算問題 が出題された。大幅な出題傾向の変更だと思う。日本クレジット協会が法改正を普及させようとする真剣さに驚いた。



(2013 年1月8日追記)
・最近この記事のアクセス数が増えてきています。個人的には一番最初に出題される数値関係の問題について言及している下記 の記事が、試験の参考になるのではないかと密かに自負しています。

信用供与額を推定する」(2010年11月4日)



(2014年11月7日追記)
・試験が近づくと、アクセス数が増えるみたいです。今後受験される方に何か役に立てることがあるかと思って、最近の試験について調べてみました。

・シニアクレディッターの合格率は、平成16年の24.0%が最低で、平成21年の62.5%が最高となっております。合格率については、特に意味のある傾向は見えません。

・受験者数は減少傾向ですね。平成15年の2,093人から減少を続け、平成24年の928人の底から、平成25年に968人と微増していますが、総じて減少傾向です。













































・どうして平成21年の合格率が高かったのでしょうか? ごりらの仮説では、貸金業務取扱主任者の国家資格化が影響しているためだと思います。2009年に改正貸金業法が施行され、貸金業者は、従業員50名に1名は国家資格を持つ貸金業務取扱主任者を設置しなければならなくなりました。したがって、当時、会社から様々なプレッシャーを受けながら、クレジット業界の従業員は一生懸命勉強したのだと思います。このように、貸金業務取扱主任者を受験した際の知識が、シニアクレディッター受験にも役に立ったのだと思い、高合格率に繋がったのだと考えます。

・受験者減少の理由はどうでしょうか? ごりらは、試験の位置づけがあいまいになったためだと思います。

下記は、ごりらが実際に取得して感じた、クレジット業界の試験の位置づけです。縦軸は、試験の難易度あるいは業界内での価値を示しており、上にいくほど高く、下にいくほど低くなります。横軸は、試験内容が実務重視か、法律の内容重視かによって分類されており、右にいくほど実務重視、左にいくほど法律重視となります。





































・シニアクレディッターは、クレディッターよりも難易度は高いのですが、実務というよりは、法律的なことが問われることが多いような気がしました。ただ、法律的なことであれば、クレジット債権管理士やコンプライアンス・オフィサーと重複する部分があると思います。クレジット債権管理士は、債権回収を担当している従業員が、シニアクレディッターは申込書判定を担当する審査従業員が受験することを想定しているのでしょうが、現状の試験内容だと、審査担当者の上級者が受験ゴコロを刺激するような内容になっていないと思います。

・ごりらは、受験者増のためには、いっそのこと、審査担当者が必要な実務知識をもっと前面にだした試験にしてみてはどうかと思います。下の図のように、シニアクレディッターを、実務面で難易度が高い試験にしてみてはどうでしょうか。




































・たとえば、回収部門のクレジットカード別の回収率と営業部門の年間予算から、次月度の承認基準をどう設定するかとか、ストレート延滞(一度も入金がなく貸し倒れとなった債権)の申込書10枚を見て、共通する項目を考えてどう審査に反映させるかとか、審査部門のKPI(経営指標)からどうやってアルバイトの評価をするのか考えるとか、いろいろ業界として共有するべきノウハウがあると思います。


・このままだと、業界の中では、資格の数が昇進に必要な管理職か、名前がかっこいいと思って受験する(ごりらのような)奇特な受験者しか受験しなくなってしまうと思います。



◎その他資格の合格記
個人情報保護士認定試験 合格 (2008年10月合格)
クレディッター 合格 (2009年3月合格)
個人情報取扱主任者 合格 (2009年4月合格)
コンプライアンス・オフィサー 合格 (2009年10月合格)
貸金業務取扱主任者 合格 (2009年12月合格)
クレジット債権管理士 合格 (2010年2月合格)




本日の配当

■アウトプット 14時間5分
■投資 0分
■経費 1時間25分
■空費 1時間30分

2011年4月2日土曜日

『議論の余地しかない』

森博嗣(2000)『議論の余地しかない』講談社


<きっかけ>
・森博嗣氏の作品はだいたい読んでおり、おしゃれな表現や台詞を見つけたらノートに記録していたが、そのまとめ的な本を見つけた。


<読む前に期待したこと>
・素敵な表現があれば記録する。


<実際に読んでみて>
・「Time is moneyなんて言葉があるが、それは、時間を甘く見た言い方である。金よりも時間の方が何千倍も貴重だし、時間の価値は、つまり生命に限りなく等しいのである」(pp9)


・「死がそんなに特別な状態とも思えない。誰にでも身近なものではないか。人が死んだときには、泣かなくてはいけない。悲しまなくてはいけない、と教育されているためかもしれない。おそらく、その割合が半分以上あるのではないだろうか。では、教育されなければ、人は泣かないものだろうか? 花が枯れても、人は泣かない。花はまた咲くからか。いや、人間だってまた生まれる。失われるのは、躰ではな。死んだ者の記憶だ。だが、記憶でさえ電子的に保存することができる。再生できないのは、人間の思考だ。思考だけが今の技術では再現できない。けれど、思考が失われるということが、何故悲しいのだろう」(pp21)


・「一つの細胞が二つに分裂し、それが四つになり、八つになる。どれくらい細胞の数が増加したときに、生命あ意思を持つのだろう。単細胞であれば、いつまでも生きられるのに。意思を持つために、自らの寿命を縮めるのである。いや、寿命があることが、意思を作るのかもしれない。意思とは、消滅の自覚だ。死のの予見に起因する存在こそ、意思の起源」(pp47)



<その他>
・写真を背景に白い文字が印刷されていて、少し読みにくいと感じた。













本日の配当

■アウトプット 19時間40分
■投資 0分
■経費 2時間20分
■ 空費 0分

2011年4月1日金曜日

3月度の配当実績

3月度の時間の配当の実績



1月に設定した目標では、アウトプット+投資の有意味な時間を75%以上、空費を10%以下にすることが目標だった。


有意味時間率は75.9%と達成できたが、空費率は10.4%と、10%を超えてしまった。


空費率が予算を超えてしまったのは、直接的には関係がなさそうに見えるが、投資にあてる時間が少なかったからだと考える。


自分の時間を大切にしていると感じるのが、投資を行っている時間なのだが、その投資の時間をあまりとれずにいたので、無根拠・無方針に生きている、薄く死んだ感じが3月度はずっとしていた。


とりあえず、途中になっていた資格試験の勉強を再開する。まずは模試をといて実力を把握することから始めようと思う。


暫定的に、4月度も有意味率75%以上、空費率10%未満を目指す。








本日の配当

■アウトプット 12時間30分
■投資 0分
■経費 2時間20分
■空費 0分



関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...