2014年12月27日土曜日

『多眼思考』

ちきりん(2014)『多眼思考』大和書房


<きっかけ>
・何年か前から、興味をもってずっと読んでいるブログの著者の最新本



<読む前に期待したこと>
・反芻・発酵させたい言葉があれば、何パターンか英語にしてストックする。



<実際に読んでみて>
・「忙しい忙しい」って言うと、「私は人生で何が大事か、わかっていません」と言ってるみたいな気になるから、言いたくない(pp8)


"It's not my policy to emphasize my business because I'm just doing what I think is important for me."

"I do not want to say how busy I am because I seem to waste my time if I say so."

"You're always busy unless you understand what your mission is."



・「そもそもの大原則として、人を破滅させるのは「一回目の失敗」(浮気、投資や事業の失敗など)ではなく、「二回目の失敗」(それを誤魔化そうとする行為)であることを、みんなよく覚えておくべきだよね」(pp15)


"The second failure shall be critical while the first one can be recovered."


"You had better keep in mind that not the first failure but the second one will destroy your carrier."


"You cannot spoil your life without hiding the first failure."


・「40代とか50代の人ってさ、若い子に「夢を持って頑張れ」とか言ってるヒマがあったら、自分が夢を持って頑張ったほうがいいと思うよ。いやまじで。」(pp24)


"People in their 40s and 50s shall pursue their dream instead of encouraging youngsters to pursue their dream."


"Having a dream is easy in one's 20s in our life. But keeping a dream in one's 50s is not easy."


"I think the attitude for people in their 60s to pursue a dream rather does encourage youngsters."



・「大企業に居続けるのが悪いとは言わない。起業をする必要もない。やめたほうがいいと思うのは、「無思考に流され続けること」と、「みんなと同じことをやって安心してること」。それってわざわざ供給過多の世界に飛び込む行為でしょ。」(pp44)


"It's not a bad option to stay at a big company. Entrepreneur is enough. But keep in mind that the best way to waste your life is to go along with the majority without any consideration and to be relieved to stay with the majority. You're cursed by this principal to be one of a bunch of suppliers."


"You might want to stay at a big company. There is no strong reason for you to start up a new business. However, you should recognize that thinking of nothing and doing the same as others will never make you someone. "


"You are lucky to stay at a large company and it's a good idea to start a new business. However, it is the worst option to go along with the majority and to feel relieved to see many people in your direction. This is because you must be one of them forever."



・「成長できる会社」と「成長できない会社」があるんじゃなくて、「どこで働いても成長できる人」と、「手取り足取り教えてもらえないと成長できない人」がいるだけ。」(pp45)


"It's a misunderstanding that there are two types of companies: Company which makes you grow and Company which does not make you grow. There are only two types of people in the world: businessman wherever he or she can improve themselves and salary man wherever he or she needs instruction and guideline."


"There is neither the company making you grow nor the company not making you grow. There is the businessman who can learn wherever he or she goes and the salary man who needs instructions and guidelines wherever he or she goes."


"You cannot improve yourself as long as you search the company which you think makes you grow. "



「自分が納得できる仕事をしている」ということの価値はすごく大きいよね。人生なんてしょせん自己満足なんだから。」(pp51)


"It is important for you to work in the area where you are satisfied because your satisfaction is the most important value in your life."


"Whom in the world do you make happy without making you happy through your job?"


"To know or not to know your mission: that is the problem."


・「新人が真っ青な顔で「やばいっす!」って言ってきたら先輩や上司は「よしきた!」って思えばいいのです。その問題を解決するために、あなたは雇われている。」(pp52)

"You must feel happy when your pale junior staff or subordinate brings troublesome matters because you are hired to solve this."


"To manage a project means to welcome your staff coming to your desk with trouble."


"A boss faces a crucial test once his or her subordinates bring trouble."



・「あと、自分のことを「すごい!」と思ってくれる人達の中に数年以上いるとアウトだよね。気持ちよくはすごせるけれど、終わっちゃう。若い時期にそんな環境にいる人はちゃんと自分で飛び出したほうがいい。」(pp55)

"If you stay where everyone surrounding you admires you for more than several years, you will not be someone after you go out. Especially youngsters might want to go out of a cosseted life."


"If you enjoy applause in your early stage of your carrier, you will spoil your carrier in the long run."



・「「頭がいい」とかより「稼ぐ力がある」ほうが、これからの世の中、圧倒的に有利だと思う。」(pp67)

"You have more advantage in earning power than being smart."


"The clever will survive than the wise in the near future."


"It is important for you to notice that there is a difference between school smartness and business smartness."



・「上手くいかなかった時に「悔しいっ!」って思えることは上手くなれる。けど、そういう時に「けっ、つまんなっ!」って思ってしまうと、全く上達しないばかりか、嫌になってしまう。その違いをコントロールできるかどうかが鍵」(pp68)

"Make a mistake and feel frustrated: That's the trick to succeed. Make a mistake but feel frosted: That's the trap to fail."


"It is important for you how to respond to the mistakes you make. Feeling frustrated makes you improve while feeling bored makes you give up."


"How you respond to the result will rely on the next result."



・「起業して社会を変えた! とか、大企業に入って幸せな過程を築いて大満足! とか、世界で才能が認められた! とか、そういうのはまったく違う、なんも成し遂げてないけど、でも「こんな生活ができたらそれもいいな」的な暮らし方を示したい。」(pp150)

"It's good to change a society after you start up a business. It's good to spend a happy life with families after being a member of a big company. It's good to be praised for your talent in the world. However, my goal is different: I do not achieve anything, but I hope to pursue a chillaxing place."


"There are some types of a successful model: Entrepreneur, Executives, and Specialist. My goal is neither of them. I'm not interested in any achievement. My goal is to spend a moderate life."



・「勝ちたいなら、自分の欲しいモノを手に入れたいなら、「頑張る」のではなく「勝てる分野」を選び、「勝つ方法」や「手に入れるための工夫」について考えるべき。むやみに頑張るのは人生の無駄。」(pp175)

"Your strong point will come into the world not after you make a blind effort but after you choose the area, the way, and the measurement where you can survive."


"You might want to find the area where you can be a star, the way, and the knack to succeed in an effort to flourish."



・「早めに引退したい人が心がけるべきことは、1無駄なものは買わない(家とか保険とか)、2生産性を上げる(効率よく稼ぐ)ことです。」(pp277)

"The employee who prefers early retirement would not buy unnecessary items which will cause fixed cost and would improve the efficiency of earning."


"Avoid buying the items which will have a continuous negative impact on your cash flow and Increase the efficiency of the earning power. Then you can retire early."


"It is easy for you to be destined to work until 60s after you buy unnecessary items such as your house and insurance service and enjoy internal company politics."



・「「今行われていることは少々問題があっても仕方がないが、新しい技術を使う場合は完璧でなければ導入してはならない」という宗教に汚染されている人が世界の進歩を妨げているのです。」(pp281)

"The dogma that maintaining the status quo with some flaws is better than introducing a new technology hinders the world from making progress."


"Just keep in mind that the new technology has a flaw while it is better than the existing one.Then the world becomes better."



<その他>
・だいたい、10年に一度、その次の10年にわたって考え続ける本に出会う。この著者のブログを読んでから、いろいろと考えがまとまって、次の行動設定に繋がりそうだ。





(2016年2月25日追記)

・本当に偶然なのですが、先日、ちきりんさんご本人と2時間くらい1対1でお話する機会がありました。インターネット時代と運と縁に感謝です。

・お会いしてから2日くらい、どんな会話をしていたのかを思い出しては、「すごい、すごい、すごい」としか言えませんでした。生身のちきりんさんは、質問に対する反応が早く、どんな話題でも斬新な切り口を持っていました。ごりらも日本では、結構変わっていると言われると自覚していますが、同じ日本語を使っていたとは思えないほど、新しい世界が一気に広がった感じがします。

・お話したことで、これからの行動設定に繋がることを記載します。

①これまでインプットの記録を継続していたけれど、何をアウトプットしたかも記録することでインプットがアウトプットにどう繋がってきているか記録・検証する。インプットしたものを燃費よくアウトプットにすることが生産性向上のために大事。生産性が向上すれば、仕事も早く切り上げることができるようになり、もっと好きなことに時間を費やせて人生が有意義になる。

②100目指してたら、到達できるのは60とか70がいいところと考える。つまり、夢は、大きければ大きいほど、大きく実現する。大学院でMBAを取ることを話したら、大学院の勉強をするのは当然として、それプラス何かすることを考えるべきと言われました。ごりらは、そういう煽りにはすごい弱いんです。よしっ、やってやろう! と思ってしまいました。

③金融は危ないという危機感を持つ。何が危ないかというと、ITとの組み合わせで一気に市場競争のルールが変わる。金融で、先進国の成功モデルを後進国で展開するタイムマシン経営をするモデルは限界に来ている。ケニアのMぺサがLINE MONEYに影響を与えたように、途上国から先進国にリバースできないかという発想を持つ。後進国の技術で先進国を救えないかって、一瞬でも考えたことがない。

ここには多くは書けないのですが、たくさんのことをお話しいただき、一生忘れられない経験になりました。もう一度お会いしたときに、せっかく時間を割いていただいたお礼ができるように、煽ってもらった分、これからどんどん燃えていきたいです。






今日のインプット

■読書 2時間


読書は、拾い読みとまとめ作成。

0 件のコメント:

コメントを投稿

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...