2017年12月17日日曜日

ビッグデータ活用は人々を幸せにするか

英検スピーチの素です。英検1級の2次試験で問われそうなテーマについて、考えたことを英語で書いてみました。



<きっかけ>

<日本語で考えたこと>
<英語の構成>
<英語でまとめ=スピーチ原稿>
<その他>



<きっかけ>
2000年代初頭の二次試験の過去問を見ていると、インターネットがどう世界を変えるかといったトピックスが多かったのに気が付きました。今の時代であれば、インターネットではなくビッグデータだと考え、ビッグデータは人々を幸せにするかを考えてみました。



<日本語で考えたこと>
ビッグデータを活用したら、どんなことが期待できるでしょうか。三つ思いつきました。


一つ目は、より自分に合った提案をタイムリーにもらえるようになることが考えられます。買い物傾向やウェブの検索履歴を元にしたAIによる分析で、同じ傾向にある人の過去の傾向を元に提案ができるようになるはずです。自分の健康状態に応じて今いる場所の近くにある温泉の提案をもらえたり、タバコアレルギーの人に対して、喫煙者が近くにいるときはアラームを出してくれるかもしれません。疲れの状態や次の日の活動予定から、最適な睡眠時間を割り出し、休日は適切な時間に起こしてくれることも考えられます。


二つ目は、生活の質がより高まることが考えられます。夕食の献立作成は、多くの母親を悩ませる仕事だと思います。家族に出した昨日の夕食、お昼、冷蔵庫の残り、アレルギーの情報などを元に、毎日考えなければなりません。ビッグデータ活用によって、これらの情報は自動でたまり、また、家族それぞれに追加の質問を当日送るだけで、献立が自動で決まるといった活用が考えられます。


先月、銀座でAmazon Barに行ってきて、自動献立作成がもうすぐできるのではないかという思いを強く持ちました。Amazon Barでは、5,000以上のメニューの中から、ごりらの当日の気分や体調よってお酒の提案をしてくれました。この仕組みを応用すれば、献立に迷ったお母さんが、家族全員にメッセージをお昼に送り、夕方には何を作るべきかわかる仕組みができるのではないかと思います。


三つめは、これまで不公平に負担させれていた費用を負担しなくて済むことです。自動車の保険料でいえば、ゴールド免許かどうかの違いは考慮するかもしれませんが、ゴールド免許ですら、どれくらい運転する機会があってゴールド免許なのかどうかまで考慮して保険料は考慮されていません。車の運転記録を収集することで、安全に運転される顧客にはより安い保険料が提供できるはずです。


ビッグデータの活用に課題がないわけでもありません。グーグルやフェイスブックは、規約に明記しているのかもしれませんが、気づかないうちに情報を抜かれている不気味さがあります。また、国がその気になれば、企業に指示していくらでも情報は抜けるはずです。しかし、「こんな副作用があるから、その技術は一切使うべきではない」という理屈で何もしないのであれば、何も世の中に対して付加価値は提供できないはずです。車だって、事故を起こすかもしれないから導入するべきではないといって何もしなかったら、今日ほどに経済は発展しなかったでしょう。副作用があることと、その技術を活用するかどうかは、別のこととして考えるべきだと思います。



<英語の構成>

結論 :ビッグデータは個人消費者に役に立つ
理由①:買い物体験を効率的にする
理由②:生活の質を高める
理由③:不公平な負担を減らす
結論 :ビッグデータは個人消費者に役に立つ



<英語でまとめ=スピーチ原稿>
     
     Although some people are concerned about Big Data utilization supported by Artificial Intelligence, I contend that Big Data utilization is beneficial to general consumers all things considered. I think there are three reasons for this.

     First of all, Big Data utilization enables us to enhance the efficiency of our daily activities. It helps general consumers receive customized advertisement or suggestion timely. Based on consumers’ health information, history of web browsing and payment, and hobby, Artificial Intelligence comes up with the best suggestion for each consumer. The day will come when everyone has a butler who knows everything about you and works for twenty-four hours. Some people may worry about misuse of government power. Some may feel uncomfortable to know that our government is able to have access to your personal information if it wants to. However, it is one thing to entrust our personal information to Big Data Bank and another to make sure that Big Data Bank is run appropriately.

     Secondly, Big Data utilization leads to higher quality of daily lives. Planning a meal is a good example. Every mother struggles with deciding what to cook for dinner. She has to contemplate family’s health condition, last dinner menu, and inventory in her refrigerator. Big Data utilization must be a solution because it accumulates family member’s quantity of information and makes a suggestion. This belief was reaffirmed after I visited Amazon bar last November, where AI told me what was the best cocktail among five thousand options depending on my feeling at that time.

     Thirdly, Big Data utilization contributes to less information asymmetry. In insurance industry, the drivers who drive safely are forced to bear the insurance cost for those who cause a car accident often. Since it takes time for each insurance company to identify who are going to drive safe, they offer the same fee to every customer. However, IoT cars and Big Data utilization support insurance companies to discern safe drivers from others. As a result, those who drive safely are able to receive the full benefit of their safe driving owing to Big Data utilization
.
     For those three reasons, I think Big Data utilization is valuable to general consumers while there are several issues to be solved.



<その他>
他のスピーチの素はこちら


2017年12月3日日曜日

キャッシュレス社会はよいか

英検スピーチの素です。英検1級の2次試験で問われそうなテーマについて、考えたことを英語で書いてみました。



<きっかけ>
<日本語で考えたこと>

<英語の構成>
<英語でまとめ=スピーチ原稿>
<その他>



<きっかけ>
ロイヤルホストを運営するロイヤルホールディングスが、現金を受け付けないレストラン「
GATHERING TABLE PANTRY」の営業を開始したと聞いて、キャッシュレス社会が実現したらどうなるか考えてみたいと考えました。



<日本語で考えたこと>
「キャッシュレス社会」を、現金を受け取らない社会と定義して以下議論を進めます。


店舗で現金を持たないようになれば、少人数で夜間営業しているコンビニやファーストフード店の強盗が割りに合わなくなります。治安がよくなることに加え、店舗側でも防犯のためにしていたカメラや従業員教育のコストを削減することとができます。ひょっとしたら銀行の支店にもキャッシュは置かず、銀行強盗は死語になる日がくるかもしれません。


次に、キャッシュレス社会が実現すれば、取引の記録が残ります。今は無記名の電子マネーがありますが、将来的には記名式のみになって、誰がどんな取引をしたのか分かるようになるはずです(公開するかどうかは別として)。すると、非合法な取引は調べる気になったら後から調べることができてしまうため、薬物の売買や密輸などの抑止力として機能するかもしれません。


記名式で取引が見えるようになるシステムを構築するコストについて懸念を抱く方もいるかもしれませんが、ブロックチェーン技術という、中央の管理者がおらず、みんなが取引の台帳を持つことで取引の正しさを担保する仕組みを使えば、コスト的にも安くできることがわかっています。ブロックチェーン技術を実際に決済として導入するにはまだ乗り越えなければならない技術的・法的課題があるのですが、将来には一般的になっているのではないかと思います。


他にも、現金の流通にかかわるコストが削減され、国として生産性が高まることも期待できます。お金を鋳造、流通、保管、破棄する一連のコストは無料ではありません。また、小売店やレストランにおいて、店を閉めたあとの現金と帳簿の突き合わせは、結構時間がかかる仕事です。キャッシュレス社会が実現すれば、国全体での生産性が高まるものと考えられます。


ただ、ネックになるのは、クレジットカードにしろ、電子マネーにしろ、はたまた新しい仮想通貨にしろ、加盟店となるお店が受け付けるメリットが必要ということです。現金で受け取るのと比べて、その他の支払いは、精算が即日ではないことと、精算金額は中抜きされているということです。この点を上回るメリット(融資のサービスとセットになっているとか、販促の支援ができるとか)を示すことができればキャッシュレスは進むのではないかと思います。



<英語の構成>

結論 :キャッシュレス社会は役に立つ
理由①:店舗が現金を持つことによるリスクが減る
理由②:取引に足がつくため、犯罪を行おうとするインセンティブが減る
理由③:現金に関わるコスト削減と生産性向上が見込まれる

結論 :キャッシュレス社会はみんなを幸せにする



<英語でまとめ=スピーチ原稿>

  While some people have concern over cashless society, I think cashless society is eventually beneficial to everyone in three ways.
  
  First of all, if every transaction is made without cash, all the recipients of cash do not need to worry about an outside robber and inside fraud. Crime-prevention television, arrangements for two or more employees late in the night, anti-crime training is abolished if cashless society comes along. Rather, cashless society discourages potential robbers from carry into effect because there is no cash at cash registers.

  Secondly, cashless society serves as a deterrent to other crimes. Cashless society is a first step to realize the world where every financial transaction is traceable. If every transaction is traceable, peddling illegal drugs, illegal prostitution, and weapons can be observed by the authorities and those who are involved are identified easily. People under this circumstance are not encouraged to commit a crime for a living. What I am interested in now is block chain technology. It helps everyone see all the transactions in exchange for removing an administrator.

  Finally, the social cost to own cash is saved in cashless society. Minting coins is not for free. They are minted by taxpayers’ money. In addition, distributing, storing, and disposing cash also cost both the government and every related private party. Cashless society enables them to save those costs and enhance the productivity.  Some people may argue that small and medium shops cannot afford to install readers of digital money. The more shops, however, use the readers, the less the cost must be to install them.  Therefore, the day will finally come when every shop is ready to accept only digital money.

  In conclusion, all things considered, cashless society must be beneficial to every related members.



<その他>
他のスピーチの素はこちら



2017年11月26日日曜日

芸能人はよい政治家になれるか

英検スピーチの素です。英検1級の2次試験で問われそうなテーマについて、考えたことを英語で書いてみました。



<きっかけ>

<日本語で考えたこと>

<英語の構成>
<英語でまとめ=スピーチ原稿>
<その他>



<きっかけ>
有名人が政治家になった例として、柔道オリンピック金メダリストの田村亮子選手やお笑い芸人だった東国原英夫さんが挙げられます。一方で、元スポーツ選手や芸能人が政治家になることについて、否定的な意見をよく聞きます。しかし、有名人が結果として当選していることを見ると、有権者が実は無意識のうちに、この人なら大丈夫と判断した結果が投票という形で表れているのではないかと考えてみました。



<日本語で考えたこと>

政治家に必要な資質は何でしょうか。それぞれ政治家に必要な資質を列挙してみて、その資質を芸能人が持っていることを書いてみようと思います。


1.清廉性
政治家は、国民のために奉仕すべきです。有権者の見えないところで私腹を肥やしたり、不公平に税金が使われることがないようにしなければなりません。芸能人は、有名であるがゆえに、週刊誌のターゲットになりやすいです。少しの失言や不義理でも、週刊誌で扱われ、叩かれます。芸能人はいつなんどきでも見られてもよいようにふるまうことに慣れているはずです。有名な芸能人であればあるほど、その術に長けているはずです。

もちろん、本来であれば清廉な性格を持った人が政治家になるべきです。しかし、その人がどんな人かは実際に仕事をさせて見ないとわからないため、長く清廉であることをアピールすることができる人にやらせることが、代替案として優れているのではないかと思います。

2. ネットワーク
政治家として当選するは、人的ネットワークを持っている必要があります。ネットワークの広さは、その政治家が所属するグループの票集めや資金集めに直結します。芸能人も、ネットワークが重要です。仕事をとってきたり、お金を出してくれるタニマチを持っていることは成功するうえで重要です。芸能人は、政治家に必要なセルフプロデュース力を備えていると考えられます。

3.断る力
政治家は、いろんなところから陳情が来ます。その陳情をすべて受け入れていたら時間とお金が足りなくなります。従って、いろいろな陳情を整理して、優先順位を定めてナイスに断る力が必要になります。この断る力は、芸能人にも備わっているのではないかと考えらえます。新曲が出たので買ってほしいとか、力のある事務所の新人に話題を振ってほしいとか、芸能界は義理と人情の世界で成り立っています。ここでも、すべてを受け入れることはできないはずです。従って、芸能人もどこかで角が立たないように断っているはずです。このような浪花節の世界で成功を収めてきた人は、政治家としても必要な断る力を備えているものと考えます。


以上のとおり芸能人は優秀な政治家になる資質があることを述べてきましたが、前提になるのは、事務を扱う官僚側が優秀であることです。日本できちんと政治が回っているのは、官僚が優秀だからだとごりらは思っています。官僚がしっかりしている限り、政治家は、上記の対外的スキルを持った人が成功し、芸能人はまさにそのスキルを持っているのではないかと思うのです。



<英語の構成>
結論 :芸能人はよい政治家になれる
理由①:芸能人は、政治家に必要な清廉性を持とうとする
理由②:芸能人は、政治家に必要なネットワークを持っている
理由③:芸能人は、政治家に必要な「断る力」を持っている
結論 :日本の官僚がしっかりしている限り、芸能人はよい政治家になれる



<英語でまとめ=スピーチ原稿>

Although many people are skeptical about television personalities’ capability of becoming politicians, I contend that they are eligible for politicians for three reasons.

First of all, television personalities are eager to win out in popularity. Since they are soft targets of media in this Internet era, they always feel pressured to behave with rectitude. As a result, only incorrupt television personalities survive long. This is true of politicians. You may remember that some of politicians had to step down after they reportedly had an extramarital affair or made verbal gaffes. If they had known that they were seen by citizens everywhere, they would not have done those things. In this respect, television personalities have huge potential to be good politicians.

Secondly, television personalities have a great network. It matters to them whether they have a great network to be successful in their world. This is also an essential factor for politicians. One of the important tasks of politicians is to secure financial support from his or her network. In this regard, television personalities must have a remarkable skill of getting cash and votes.  The more network television personalities have, the more potential they are to be great politicians to implement political ideals.

Finally, television personalities are accustomed to decline requests and proposals. Television personalities are always torn between a debt of gratitude and humanity. They are asked to invite a new entertainer to their programs or asked to buy new goods other entertainers have released. I guess they have to reject those requests depending on how close they are, how long they will get along, and how much power their counterparts have. What they experience daily is literally a politic. Excellent television personalities is a great politician who can screen what is really beneficial for his supports.

In conclusion, television personalities shall be great politicians for those three reasons. As far as bureaucrats in Japan are in charge of office work for politicians, television personalities are qualified for politicians. 



<その他>
他のスピーチの素はこちら




関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...